Kotting-Uhl, MdB, Bundestag, Bündnis 90/Die Grünen, Karlsruhe

Kategorienarchiv: Documents in other languages

Acordo Nuclear Brasil – Alemanha e outros acordos nucleares bem como apoios estatais a exportações nucleares

Pedido de informação escrito sem debate dos deputados Sylvia Kotting-Uhl, Jürgen Trittin, Omid Nouripour, entre outros, da bancada “Aliança 90 / Os Verdes”

Referência: Acordo Nuclear Brasil – Alemanha e outros acordos nucleares bem como apoios estatais a exportações nucleares

Impresso do Parlamento Federal: 18/691

leia mais…

【報告の成果】この公聴会への参

【報告の成果】この公聴会への参加をオーガナイズしてくれたジルビアさんによると、(ドイツでは福島原発事故を受けて、政治的には2022年末までにすべ ての原発の稼働を全廃することが決まっているが)「今日の午前中の環境委員会で、福島原発事故の後では初めてCDUの議員から公式に「経済的なことを考え たら原発の稼働期間をもっと延長するべきだ」という発言があった」「そのタイミングで、再稼働を狙っている保守系の議員たちに菅さんの話しを聞いてもらう ことができたことの意味は大きい」とのことでした。

https://www.renewable-e.jp/news/date/2014/03/

Interview mit dem Ichikawa Fusae Women’s political Support Center aus Japan

Interview mit dem Ichikawa Fusae Women's political Support Center aus Japan

Ausgabe Februar 2014

Original-Interview als PDF…

Interview mit Frau Sylvia Kotting-Uhl, Abgeordnete der Partei der Grünen in Deutschland

Aktivitäten für den Atomausstieg in Deutschland und Vorschläge für die japanische Gesellschaft

Wir haben Frau Sylvia Kotting-Uhl, Abgeordnete des Deutschen Bundestags, die vom 6. bis zum 13. Dezember vergangenen Jahres zum …

Weiterlesen »

「日本は脱原発を成し遂げる - 取り戻した日本への希望」コッティング=ウール議員インタビュー

去年12月、福島事故後4度目の訪日を果たした緑の党の連邦議会議員コッティング=ウールさんは、1月13日、新政権が誕生した後の最初の議会が始まる前 に、私たちのインタビューに応じた。議員会館内にある議員の事務所の壁一面に、日本から持ち帰った「ようこそコッティング=ウール議員」と日本語で書かれ た横断幕がかかっている。多忙なスケジュールにもかかわらず、同議員は私たちの質問に丁寧に答えてくれた。

Link….

A németek nem kérnek a magyar energiából?

Népszabadság Online

Exportkilátások – Mítosznak tartják a zöldek az atomreaktorokban termelt áram alacsony árát

Nem tartja valószínűnek Sylvia Kotting-Uhl, a német Zöldek parlamenti képviselője, hogy a német ipar atomenergiából származó magyar áramot importálna, mint ahogy azt magyar kormánypárti politikusok lapunknak korábban állították.

Népszabadság Online

1日目(12月6日):カオスを道連れにカオスへ

2011年3月11日以後、福島からのひどいニュースはますますひどくなったが、同時に一つは(少なくとも政治的に)良い知らせ(訳注:小泉元首相の脱原発発言のこと)が来たとき、4回目の日本訪問の機は熟したと思った。

…  PDF…

Weiterlesen »

CV in English

Sylvia Kotting-Uhl

Alliance 90/The Greens

Dramaturge, lecturer

Born on 29 December 1952; two sons, one granddaughter.

Studied German language and literature, English language and literature, and history of art in Heidelberg, Edinburgh and Zaragoza.

Member of BUND / Friends of the Earth Germany, WWF, the Europa-Union (German section of the Union of …

Weiterlesen »

ジルビア・コッティング・ウール、同盟90/緑の党

脚色家、講師

 

1952年12月29日生、二男、孫娘一人

ハイデルベルク(ドイツ)、エディンバラ(英国)、サラコザ(スペイン)の各大学で、ドイツ文学、英語学、美術史を専攻。

 

以下のNGOに会員として所属:ドイツ環境自然保護連盟(BUND)、世界自然保護基金(WWF)、欧州ユニオン、アムネスティー・インターナショナル、連帯近代社会研究所、グリーンピース、独バーデンキヴュルテンベルク州の様々な文化関連ならびに社会福祉団体

 

1989年より緑の党の党員。1995–1999年ならびに2001–2013年に州幹部会役員を、2003–2005年に州代表を務める。

 

2005年より連邦議会議員。連邦議会第18選挙期の同盟90/緑の党 院内派原子力政策スポークスパーソンを務める。担当分野:原子炉安全性、最終処分場、 非電離放射線(電磁波)、エネルギー研究。

 

連邦議会での所属委員会

常任委員

  • 環境、自然保護、建設ならびに原子炉安全委員会

代理委員

  • 教育、研究、テクノロジーアセスメント委員会

Сильвия Коттинг-Уль, Союз 90/Зеленые

Драматург, доцент

Родилась 29 декабря 1952 г., двое сыновей, внучка.

Изучала германистику, англистику, историю искусств в Гейдельберге, Эдинбурге и Сарагосе.

Член Федерального объединения по охране природы и окружающей среды (BUND), WWF, Германской секции Союза европейских федералистов з. о. (EUD), Эмнести Интернешнл (Amnesty International), Института солидарной современности з. о. (Institut Solidarische Moderne), Гринпис (Greenpeace) и других культурных и социальных …

Weiterlesen »

Travel Diary

Trip to Japan from 6th to 12th December 2013

Day 1:
A chaotic journey into chaos It is time for a fourth trip to Japan I had thought since 11th March 2011 …

read on Travel Diary

 

Seite 3 von 6« Erste...234...Letzte »

Mehr Einträge abrufen