ジルビア・コッティング・ウール、同盟90/緑の党

脚色家、講師
 
1952年12月29日生、二男、孫娘一人
ハイデルベルク(ドイツ)、エディンバラ(英国)、サラコザ(スペイン)の各大学で、ドイツ文学、英語学、美術史を専攻。
 
以下のNGOに会員として所属:ドイツ環境自然保護連盟(BUND)、世界自然保護基金(WWF)、欧州ユニオン、アムネスティー・インターナショナル、連帯近代社会研究所、グリーンピース、独バーデンキヴュルテンベルク州の様々な文化関連ならびに社会福祉団体
 
1989年より緑の党の党員。1995–1999年ならびに2001–2013年に州幹部会役員を、2003–2005年に州代表を務める。
 
2005年より連邦議会議員。連邦議会第18選挙期の同盟90/緑の党 院内派原子力政策スポークスパーソンを務める。担当分野:原子炉安全性、最終処分場、 非電離放射線(電磁波)、エネルギー研究。
 
連邦議会での所属委員会
常任委員

  • 環境、自然保護、建設ならびに原子炉安全委員会

代理委員

  • 教育、研究、テクノロジーアセスメント委員会
Print Friendly, PDF & Email

Permanentlink zu diesem Beitrag: https://kotting-uhl.de/site/cv-japan/