履歴書

ドイツ連邦議会議員(ドイツ緑の党/同盟90)。

もっと

1952年、カールスルーエに生まれる。ハイデルベルクやエディンバラで芸術史や
ドイツ史、英米史を専攻、その後演劇学に転向し、建築家である夫と児童養護
施設の建設・運営に携わる。
1955年、緑の党のバーデン・ヴュルテンベルク州の運営委員に選出され、
2003年に 同州緑の党の代表に選任。教育、移民や失業問題などに取り組む。
2005年の総選挙で連邦議会議員に初当選。以来、気候変動や核・原子力問題を
初め、環境政策全般に関する同党のスポークスパーソンとして活躍中。
   今回は総選挙戦の最中に、第64回原水禁世界大会(広島・長崎)に参加・講演の
ために初来日。 9月の総選挙ではバーデン・ヴュルテンベルク州の比例区第3位
にリストされ、再選を果たす。

Print Friendly, PDF & Email

Permanentlink zu diesem Beitrag: https://kotting-uhl.de/site/japan1/